2005年07月04日

なつのひかり 江國香織

4087741699.09.jpg

久しぶりに厚めの本を読んだ。
江國さんの本は途中でやめられないから困る。だって続きが気になるんだもん。
なんだかんだで全部読んでしまったよ。不思議な話だったなぁ。。
ヤドカリが道案内したり、メグは変な子だし。
でもまったりしててなんかいいなー。こういう暮らしも。
posted by うっちー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

夏の眩い光を閉じ込めた扉をあけて、見えるものとは
Excerpt: 昨日は一人、珍しくハイテンション?でした{/hiyos/} この先どーなるんだろうという不安もありますが、とにかく、いろいろあった職場から卒業することが決まってほっとしたというか、内心万歳というか(小..
Weblog: nameblog
Tracked: 2005-08-31 14:36

「きらきらひかる」江國香織 / 素直に泣く女と素直に戸惑う男
Excerpt: 江國 香織 きらきらひかる 情緒不安定で通院歴のある笑子と、内科医で「ホモ」の睦月。 片や親の願いに沿って情緒を安定させるために、もう一方は一人息子の将来を憂う両親のために、互いの義..
Weblog: 辻斬り書評 
Tracked: 2005-11-13 06:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。